産後でも間に合う!注文住宅で子供を育てる環境を整えよう。

産後に家を建てよう



最初に。
私は1人目を妊娠中に注文住宅の計画をして、新築に引っ越したのは子供が1歳2ヶ月の時でした。

注文住宅なので、こだわって建てることができ、引越しまでに2年近くかかりましたが旦那ともに満足しています。
本当に家族で過ごしやすい家を建てるには産後がちょうど良いかもしれませんね。

家を建てるには1年くらい必要だと思いますが、それが妊娠中だと体調が優れなかったりでなかなかはかどりませんし
「もう何でもいいや・・・」なんて投げやりになってしまうこともあります。
私はつわりがひどい時期に注文住宅の計画を練っていたので本当に苦労しました。

「子供が産まれたら大変だろうから今のうちに建てようね」なんて夫婦で話していたのですが、
実際は妊娠中の方が大変でした笑

お腹が大きくなると打ち合わせに行く移動も大変ですからね。
産後なら、子供についての危険な場所などの知識も豊富になっているので家族で暮らしていくのにちょうど良い家を考えられると思います。

注文住宅のコツは、サンプル写真を沢山見ること

私は何度か住宅展示場へ行ったり、資料請求をしましたが、
たくさんの良いものや参考になる物件の写真を見ていると
自分の好みも分かってきます。
階段をどこにするかや、リビングを2階にする?なんてのも、
資料を沢山見ていないとアイデアを思いつきもしませんからね。
住宅関係の資料は、1社にしぼって見るより、たくさんの会社の写真を見て
良いとこ取りをしたほうが良いです。
会社ごとに売り出していることや特色があるので、写真を見て夫婦で好みや理想をしっかり話しておくと
喧嘩せずに進められますよ^^
私は、話し合いが足りなかったので何度か喧嘩しました。
注文住宅は、好きなことをできるから良いんですが
夫婦で好みが違うとケンカの原因になってしまいます。
ずっと住む家だからこそ、お互いが気持ちよく過ごせる家を建てたいですよね。

持ち家計画
 ↑ ↑ ↑

ここでハウスメーカーや工務店の資料は、一括で何社か取っておいて、
気に入った写真を切り抜くとだんだん理想の家がどんな家か自分で分かってきます。

実際に資料請求して、「子育てから考えたダイナミック四層立体空間の家」を建てた方の口コミなんかもサイトに載っています。
注文住宅はどこに頼むかで、出来上がる家も料金も差が出てくるので
最初が肝心です。家を建てたいなと漠然と思ったら、資料請求から始めるとだんだん現実的になってきますよ^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする