授乳で乳首の黒ずみが気になったら【新型ビタミンC誘導体】ブライトニングケア

xf0755007207l.jpg

乳首黒ずみって授乳が終わる頃に気になってきますよね。
私も、赤ちゃんへの授乳中は「しょうがないか~」と思っていましたが卒乳しても乳首の黒ずみが戻るわけでもなく急に気になった事があります。
妊娠するとメラニンを生成しやすくなりますし、さらに授乳で擦れてメラニンが生成され・・・
黒ずむ原因ばかりですよね。
でも落ち込む必要はありません!
メラニン色素はお肌のターンオーバーで排出されていきます。
ホルモンバランスの乱れや、何らかの原因によってターンオーバーが順調にできなかった時に
メラニン色素が蓄積してシミの原因になったり、黒いまま戻らなくなる原因になります。

新型ビタミンC誘導体

nocor-seibun.jpg
シミや黒ずみの原因になるメラニン色素を抑制、分解してくれるのがビタミンC誘導体です。
ノコアのクリームには、新型ビタミンC誘導体と言って通常の200倍の供給力を持ったビタミンC誘導体が配合されています。
ノコアはできてしまった妊娠線ケア専門のクリームですが、その厳選された美容成分から
顔の美容液クリームとして使ったり、乳首,ワキ,デリケートゾーンの黒ずみに使用する方もいます。
ノコアの成分はオーガニックにこだわっていて、赤ちゃんの肌に触れても安心して使えるので
産後の女性には特に人気があります。
実は私もノコアを使っています。

ノコアを使った妊娠線画像

ノコア-ビフォーアフター_小.jpg
これは私の妊娠線のビフォーアフター写真です。
ノコアを使う前は赤い妊娠線があり、産後2ヶ月経っても消えなくて焦っていました。
ワラにもすがる思いでNOCOR(ノコア)を使ってみた日から1年。
すっかり妊娠線が消え、お腹も全体的にキュット引き締まりました。
妊娠線がスジにもならず、キレイになったのは
ノコアの新型ビタミンC誘導体のおかげでコラーゲン生成をサポートしたからだと思っています。

ノコア効果的な使い方

ただ塗るだけよりも、効果的な使い方があります。
手のひらで温めて、よくすり込むことです!
つまり、マッサージをするような感じですね。
産後1年以上経ってクビレができたのは、赤い妊娠線を消したくてノコアでマッサージしていたのが産後ダイエット的な効果を出してくれたからかもしれません。
あんなに赤かった妊娠線に効果があったので、乳首やワキの黒ずみにも良いはずだと確信しました!
乳首に塗るのは、念のため授乳が終わってからがいいと思います。
私は冬の乾燥する時期に顔にもノコアを使っていました。
ノコアはオーガニック成分にこだわって作られているので、敏感肌の私もかゆみなど出ずに使うことができました。
乳首の黒ずみやワキの黒ずみが気になったら、ノコアの新型ビタミンC誘導体がいい働きしてくれると思いますよ♪

今なら値引き中!キャンペーン
▼公式サイトへ▼
ノコア(NOCOR)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする